外注ライターさんの育成ビジネス!その真髄を少しずつひも解いていく

未分類

ちょっと今回は少し音声として録音しました。

初めて声を聞く方もいるかと思いますけど、ちょっと面白いのでやってみました。

と言うか喋るだけなので楽です。

タイピングがすごく得意というわけではないので、音声だったら比較的ベラベラ喋ってればいいのでまぁ記録にも残っていないでしょうか。

今現在僕は20人以上外注ライターさんをゼロから育てながら雇っています。


最近こんな言葉をよく聞きます。

「他のクライアントさんからもお仕事をいただけるようになりました。」
「クラウドワークスでも9件ほどちょうどいただきました」

心の方で「すごい、すごい」と思っていましたが、その方達は全くの素人で、全然記事も書けない普通の人でした。

それが2、3ヶ月ぐらい一緒にやっていくうちに段々と上達していてかなりのスキルを身につけることが出来ました。

特に女性の方は非常に伸びしろが良くて非常に真面目なのでこちらも凄くやりやすかったです。

学生、主婦、フリーター副業としてなど色々かたがいます。

自分たちでお小遣いを稼ぐという段階から始まり、これからはもっと大きなお金を稼ぐことができるというスキルを身につけられて良かったと思います。

でもその時、、。

「あれ俺もしかしてこういった事を仕事に出来るのかな?」

今までは半分ボランティア感じでしたが、これは一つのモデルケースになりそうな感じがしました。

どういった事を音声で少し話してみました。

でも、すべては考え方によっていくらでも方向性は変えられるという事ですね。固定観念はいつも崩していかないといけませんね。特に歳を重ねてくると余計に!!

誰かに指摘してもらったらすぐに見つめなおそう~

コメント

タイトルとURLをコピーしました